奈良スバル自動車株式会社

ホーム > お知らせ > SUBARU「アイサイト」を大幅進化、新機能「ツーリングアシスト」を搭載。

[2017.06.22]

SUBARU「アイサイト」を大幅進化、新機能「ツーリングアシスト」を搭載。

〜最新の先進安全技術を採用し、渋滞時を含む全車速域で運転負荷を軽減〜

 

 

● 

 

新機能「ツーリングアシスト」が、高速道路の渋滞時を含む全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングを自動制御することで安全運転を支援し、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減

独自のステレオカメラ技術により、リアルワールドの幅広いシーンで安定した運転支援を実現

本年夏発表予定の新型「レヴォーグ」「WRX S4」に「ツーリングアシスト」を全車標準装備

新型「レヴォーグ」「WRX S4」には、「後退時自動ブレーキシステム」や「アイサイトセイフティプラス」も採用し、「アイサイト」を核としたSUBARU独自の予防安全性能を更に向上

 

SUBARUは、運転支援システム「アイサイト」を大幅進化させます。

新機能として、高速道路の渋滞時を含む全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動制御して、運転負荷を大幅に軽減する「ツーリングアシスト」を搭載します。

 

新機能「ツーリングアシスト」は、「アイサイト」の「車線中央維持」の作動領域を従来の「60km/h以上」から「0km/h以上」へと拡大するとともに、「先行車追従操舵」を追加し、「全車速域追従機能付クルーズコントロール」と組み合わせることで、高速道路でのアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御して、ドライバーをアシストします。

SUBARU独自のステレオカメラによる区画線と先行車の2つの認識情報を併用することで、リアルワールドの幅広いシーンで安定した動作を実現。運転負荷を大幅に軽減します。

 

また、新型「レヴォーグ」「WRX S4」はSUBARU国内仕様初となる「後退時自動ブレーキシステム」の採用や、ドライバーの認識範囲を拡げさらなる安心をプラスする「アイサイトセイフティプラス」を設定することで、総合安全性能にさらに磨きをかけた商品に仕上げました。

SUBARU「アイサイト」を大幅進化、新機能「ツーリングアシスト」を搭載(0.348MB)

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルの閲覧・プリントには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はバナーよりAdobe Readerをダウンロードして閲覧ください。

  • 前のページへ戻る
  • お知らせトップへ

お知らせ