奈良スバル自動車株式会社

香芝店

香芝店スタッフ通信

ホーム香芝店スタッフ通信 > 『プラグかぶり』をご存知ですか?!原因と対処法。

スタッフ通信

[2015.10.19]

『プラグかぶり』をご存知ですか?!原因と対処法。

こんにちは、サポートスタッフの真銅紋子です(^^)
いつもスタッフ通信をご覧いただき、誠にありがとうございます。
朝夕、めっきり冷え込んで来ましたね。今日はそんな、冷え込む時期だからこそ知っておいていただきたい現象をご紹介致します。
★真銅の母に実際に起きたハプニング(現象)です。
 
ある日曜日の朝の出来事。
AM6:30
車の荷室にある荷物を取るために、50cmほど前進させてエンジン停止。荷物を取ってそのまま出掛ける。
AM10:00
母の車を後ろに下げるため、エンジンを掛けようとしたら「カスカスカスカス…(プスン)」と、セルは回っているようなのに、エンジンが掛からない!!もう一回試みても同じ…
PM16:00
母、帰宅。母がしても状況は変わらず…
――万事休す。日曜日だから、ディーラーのメカの方々も忙しいだろうし、奈良県外だし…
かくなる上は…!! スバル保険の距離無制限レッカーサービスか…JAFもあるぞ!!
「助けて、JAFさーん(><)」
幸運にも、私も母もJAF会員♪
依頼の電話を掛けてる後ろで「朝は動かせたのに、おかしいなぁ」と母。
30分後、JAFさん到着!! 現状を確認して、一言。
「あのー…少しだけ動かしてすぐエンジン切られたりしました?」
……え…した―――っ!!(゜□゜)
なんと、母が朝した“ちょっとだけ動かした”ことによる『プラグかぶり』が原因だったようです。
   
プラグ(スパークプラグ)は燃焼室で混合気(ガス燃料+空気)に火花を散らして爆発させ、車を動かす着火ライターのような役割を担っています。
エンジン始動時は特に力が必要なので、ガス燃料が濃い目に送られます。
この時、すぐにエンジンを切ってしまうと、濃い目に送られたガス燃料が燃焼しきれず、液体に戻ってプラグを濡らしてしまいます。
結果、濡れたプラグは火花を散らしにくくなり、エンジンを掛けれなくなる『プラグかぶり』を発症してしまうのです!!
対処方法はエンジンを掛けながら(「カスカス…」の時間内に)アクセルを踏み込むこと☆
空気を送り込んで、火花を散らしやすい環境を作るのですね。
JAFさんもこの方法で、10分程度で安定したエンジン始動まで回復してくださいました(^^)
最近は少なくなった事例だけど、タイミングや環境次第ではやはり起きてしまうそうです。
電気制御の車は「カスカス…」の時間が制御されて短いからタイミングよくアクセルを踏むのが難しいとのこと。
本当に助かりました!!あいがとうございました!!

これから冷え込む朝夕はエンジンも冷えているため、発症率が幾分か高くなります。
“ちょい乗り”をして切る時はパーキングに入れた後アクセルを「ぶぉん!」とふかせてから切ると、
対策/予防になりますよ♪ と教えて下さいました(^^)
皆さまも“ちょい乗り”動作にはお気をつけくださいませ。
←あ、忘れもの!!一旦エンジン切って…など、よくありますよね!?
 
余談ですが、この一連のJAFさんの作業、私は会員だったので¥0だったのですが、非会員だと出張費+エンジン始動で¥13,000ほど掛かるそうです★
いざという時のために是非、JAFへのご加入をお勧め致します!!
 
奈良スバルでもお申込み用紙をご用意しております(^▽^)/
【入会金2,000円+年会費4,000円=6,000円】 ※お支払い方法や加入年数によって割引があります。
 
長文になりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。真銅紋子でした。
  • 前のページへ戻る
  • 店舗トップへ

営業日と営業時間のご案内

営業時間

【ショールーム】
   10:00〜19:00
【サービス工場】
   10:00〜18:00

定休日

毎週火曜日・水曜日
(最終週の火曜日を除く)

店舗情報